デジバックで広角撮影

手製の凹みボード



d0089281_22312780.jpg

何度か4×5にデジバックを付けると、超広角レンズが使えないけど、どうしているのと聞かれた事が有ります。
比較的フランジバックの短いジナーに広角蛇腹2を使っても、35mm位までしか使えません、
ISS電子シャッターを使うと90mmまでしか使えなかったか?(正確に試していません)
それで作ったのがISSが使えるジナー凹みボード、材料は広角蛇腹が一つとジナーボード一枚を犠牲に作った物です。
問題が一つ、後ろ玉の飛び出したレンズを使い、焦点距離を短くした時にCCDを傷つける可能性が有ります。
[PR]

by itow124 | 2008-03-17 22:32 | 撮影機材 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://itow124.exblog.jp/tb/7507181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tatsphoto at 2008-03-17 23:15 x
なるほど!!!
こんなに簡単に秘密を公開しちゃっても良いんですか?!!

強いて問題点があるとすると、広角レンズごとにジャバラが必要になることと、スイングなどのアオリの時にアオリのセンターが前玉寄りになると言うことでしょうか??
Commented by saru at 2008-03-17 23:53 x
いただきまーす。
Commented by ito at 2008-03-18 07:01 x
tatsphotoさん
おはようございます。
リンホフボード使用なので、使い回しは出来ますが、スイングはずれますね、あと一つ、手作りなので垂直の精度が怪しいです。

saruさん
おはようございます。
saruのカメラは応用効かないですよね。
Commented by saru at 2008-03-18 09:46 x
おはようございます、よくご存じですね。
パーツなどが流通して無いのでムリと思われるでしょう。
一応、袋蛇腹が2つあって、一個は破れて枠だけが残ってます。
同じような事は可能なんですが、やってしまうと後に戻れない...
手元には40mm凹みボードが1枚、リンホフ用ボードが2枚。
気力さえあれば自作できるかと...思ったのですが、
よくよく考えると広角レンズが手に届かない状態ですね....あはは。
Commented at 2008-03-18 18:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by itow124 at 2008-03-19 09:44
saruさん
おはようございます。
なるほど(笑
完成したらシュナイダーの24mmご購入と言うのはどうでしょうか。
レトロフォカスタイプの28mmを使っているのですが、大判レンズで歪むと言う最悪レンズです(涙)