閃光時間のテスト

d0089281_1211967.jpg

来週の撮影に備え閃光時間のテスト。



手持ちストロボの閃光時間をテストしたところ、私とカンちゃんの常識がちょっと・・・・びっくり・・・・お恥ずかしい。
私的には出力を小さくしていくと、閃光時間は短くなると思っていましたが、     
 サンスターのf430は出力を落とすほど、閃光時間は長く成って行きました。
手持ちのヘッドの組み合わせも試しましたが、ほとんど同じ感じ。
フォトナーの大型ジェネは、閃光時間は短く、サンスターの小型ジェネは、閃光時間は長い事が分かりました。
来週のロケはサンスターの小型は置いて行く事に決定。
決して閃光時間が短い方が良いと言う訳ではなく、撮影は動くものを止める撮影なので。


クリックで大きな画像が出ます。
d0089281_124159.jpg
d0089281_1244696.jpg

[PR]

by itow124 | 2008-01-31 01:29 | 撮影機材 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://itow124.exblog.jp/tb/7130039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yukinyaa04 at 2008-01-31 07:49
さすがだな〜、
こういうテストをちゃんとしてるんですね〜。
閃光時間は、出力制御の方式によって違うんですよね、確か。

詳細な解説は、ストロボ講座の先生に譲ります。
もしかして、雑誌ネタにするかも。
Commented by ito at 2008-01-31 08:51 x
ずーと気になっていたのですが、初めてテストしてビックリです。

サンスターのサイトを見たら、閃光時間の関係がちっゃんと載っていました(反
ヘッドを増やす事によって閃光時間も短く成るみたいなので、ヘッドも沢山持って行かないと。
Commented by yukinyaa04 at 2008-01-31 14:02
昔アートにあったストロボでは、トーマスを200Wにするのが閃光時間が短かいと教わりました。
それも、ヘッドの灯数を増やすともっと早くなると。
反対に電圧調光式のバルカーは、バリエーターを落とした300Wのほうが閃光時間が長い、1200Wのほうが短いと言われ、へ〜と思った記憶が。
バルカーの場合は、セパレートにして、Cジャックだったかな?閃光時間が短いのは?
もう、忘れちゃいました。

でも、自分でちゃんとしたテストはしたことはないし、短い閃光時間の必要な撮影もしたことないので、実感はしたことありません。

580EXを100発使うとというのは、いかが?

Commented by dojou7 at 2008-01-31 23:12 x
このエントリー見逃してました。
各社の閃光時間関係はちょっと表現が難しいです。
2002年3月のコマフォトでちょっととりあげてます。

電圧調光はバリエーターFULLが一番速い、コンデンサー調光あるいはセレクターによるブロック切り換え(yukinyaaさんがいってたバルカーの小出力側など)は出力が小さいほど閃光時間は短い(速い)。同じ出力を分岐すると閃光時間も半分近くに。
という原則で覚えてください。
Commented by ito at 2008-02-01 18:40 x
yukinyaaさん
トーマス、バルカー懐かしいですね、最初アシスタントに付いた所も
トーマスを使っていたので、怖い思いも一杯しましたよ(笑

580EXも最初は考えたのですが、ちょう非現実的でした。
ギャラの数十倍が機材費で消えちゃいますよ。
Commented by dannna_o at 2008-02-01 18:45 x
ストレートチューブの方が閃光時間は一般には短くスパイラルチューブの方が長いとかもありますね。
あまり切り詰めすぎるとシンクロコードの長さのばらつきやスレーブのタイムラグでフリッカーっぽくなることも。
Commented by ito at 2008-02-01 18:48 x
dojouさま
2002年3月のコマフォトは買っていませんでした。
出力を落とすと、見た目の閃光時間が短く感じていた、ジェネも実際は閃光時間長く成っているのがビックリでした。
人間の目は当てにならないと言う事ですね。
出力を落として、閃光時間が長くなるのは、光の明るさのピークの所をカットするので、閃光時間が長く成ってしまうのですかね。

ヘッドを増やしたら、閃光時間は短く成りました
Commented by ito at 2008-02-01 18:51 x
dannna_oさま
こんばんは。
ちょうどその事も書こうと思っていたのですが、太さも関係有るみたいですね。
閃光時間を気にする撮影は、年に一度有るか、無いかなので。
手持ちの機材で頑張ります。