今日は

今日は情報系サイトの仕事で新マルビルへ出動。
久々の都心は新鮮、撮影はお洒落な眼鏡店、良い写真が撮れて満足だー・・・・・・。

後夕方、CPSに修理していたカメラを受け取り、CPSに紹介をした方の面接に同席する。


以前に比べ入会の審査が非常に厳しくなりました。
今日は最終審査として、紹介者も同行して面接と登録機材の確認。

今回紹介したOさんは、4月から色々手続きをしていて、やっと入会に辿り着けました。

入会が厳しくなったのは登録者の増大が最大の理由と思っていましたが
他に借りた機材の持ち逃げ、同じカメラマンとして最低の人間が多々いらっしゃるみたいです。
悲しい悲しい。
絶対に自分に良くない事が返ってきますよ。

嬉しい事が一つ、プロサービスで知らないカメラマンの方にブロクを見ていると話しかけられる。
ちょっと初体験。





d0089281_1121735.jpg
[PR]

by itow124 | 2007-09-12 20:29 | 仕事 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://itow124.exblog.jp/tb/6131322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yukinyaa04 at 2007-09-13 17:11
まあ、一部の心ない人たちのせいで締め付けが厳しくなるのは腹が立ちますが、キヤノンの管理の仕方が悪かった、ということもありますよねぇ。
私も昔、ちゃんと返したレンズを返してないって言われた事があります。
Commented by tatsphoto at 2007-09-13 20:33 x
キヤノンのプロサービスはまだ「プロはニコン」だった時代に、プロユーザーを増やすためのサービスだったと、勝手に憶測しています。
その甲斐があってか、業界ナンバー1になった今となっては、昔ほどがむしゃらにプロユーザーを増やす必要はなくなったのです。
それと日本のバブル以降の不景気から、淘汰されていくカメラマンがここ10年間で多かった、、機材の持ち逃げも、そんなタイミングがあったのだと思います。
貸し出し機材はそもそもは、試すための貸し出しなのに、それで仕事をしてしまうカメラマンがどれだけ多かったか?年に一度くらいしか使わないから、キヤノンからタダで借りて、、というセコイカメラマンが多かったのです。

今回の移行措置は、カメラマン全体のモラル低下が引き起こしたことで、営利企業のキヤノンがどうのと言う話ではないと思います。

年間2万円の会費になっても、たぶんプロサービスは赤字だと思います。僕のように安いランクにするカメラマンも多いでしょうし。

昔はストラップをはじめ、ケースやバックなど、タダで配っていましたからね、それがカメラマンをシャブ漬けにしたと言う見方もありますね。
Commented by yukinyaa at 2007-09-13 20:47 x
プロサービスが赤字かも、って・・・・・。
プロサービスだけが独立してやってるわけではないし、もともと、採算という考え方が成り立つのかどうか・・・・・。
CPSの会費のみで運営されてるわけじゃないでしょ?
会計報告があるわけでもないし。
会費の金額に具体性はないと思いますね。
採算が取れなくて値上げしたわけじゃないと思います。
だって、みんながB会員になったら、会費による予算は半減ですよ。
そんな先の読めない予算でやってるとは思えないです。
要は差別化と切り捨てをしたかったということだと思っています。
Commented by tatsphoto at 2007-09-13 21:54 x
さすがですね。
赤字というのはその選別のための言い訳になる可能性があります。
採算という考えは、今の時代、プロサービスだけが聖域にはなるとは思えません。どのジャンルでもある程度の採算性を求められるはずです。事業部ごとの会計報告はあると思いますし。>これ以上言い合っても仕方ないですね。内部事情をどちらも知るよしがないので憶測だけで書いていますから。
Commented by itow124 at 2007-09-14 01:35
ちょとコメントは控え気味にさせて頂きますが、プロサービスの発足当時から成り行きをお伺いしましたが、色々大変そうな、デジタルに成ってからの、機材の原価資産も馬鹿に成らないみたいですね。
ちょっと不適切な投稿だったか、yukinyaaさん、 tatsphotoさん
ありがとうです。
Commented by yukinyaa at 2007-09-14 05:42 x
もう書くのやめておこうと思いましたが・・・・一言。
>機材の原価資産も馬鹿に成らない
って、それはキヤノンの胸先三寸だと思いますね。
tatsphotoさんもお書きだけど、昔は「広告宣伝」としての意味もあったと思いますよ。
でも、時代と共に、キヤノンの姿勢も変わったということも否めないでしょう。
つまり、今はもう、広告する必要はない、つまり宣伝広告としてのプロサービスは、利益を生むわけでもないし、持ち出しだけだから、今のキヤノンにとってはあまり必要がないということでしょうね。